住宅地盤調査・地盤補強工事は会員企業へご依頼ください

住宅地盤品質協会会員企業は、地盤品質の確保のために日々研鑽を重ね、地盤事故の根絶を目指しています

更新情報
2017.01.06
住品協は、住宅あんしん保証が提供する新築住宅向け瑕疵保険「あんしん住宅瑕疵保険」に付帯できる「不同沈下上乗せ特約」に関する地盤業者団体等登録制度の登録を受けました。登録団体の会員地盤会社が調査・工事を実施した場合、工務店・ビルダーにとっては物件ごとの書類審査免除をうけることができます。利用するためには「住あん団体登録制度利用規定」を満たす必要があります。
本件の詳細は、地盤通信268及び住品協HP「住宅あんしん保証」をご覧下さい。
2016.12.26
8月に発行された「住宅を対象とした液状化調査・対策の手引書」を解説する「地震に備える住宅地盤セミナー」を2017年1月~3月にかけて全国6ヶ所で開催します。その他に、東日本大震災や熊本地震での事例を基に、住宅業界がとるべき法的な備えや、熊本地震の現地調査結果について説明します。詳細は、地盤通信267及び開催案内ニュースリリースをご覧ください。
2016.12.05
2016年度住宅地盤セミナーを2017年2月に開催します。インターネットに接続されたPCで受講できる「eラーニング」を並行開催します。詳細は、住宅地盤セミナーページ及び地盤通信266をご覧ください。

一覧を見る >>

住宅地盤品質協会について
住宅地盤品質協会について
NPO住宅地盤品質協会(住品協)は、住宅地盤の品質向上を目的とした全国的業界団体です。主な活動は「地盤品質に関する調査研究」「啓蒙教育活動」「地盤技術者の育成及び技術者認定資格試験」の三つ。住品協会員企業は年間数十万棟の住宅の地盤に関わり、住宅品質の確保に重要な役割を果たしています。
技術者認定試験・セミナー
技術者認定試験・セミナー
住品協の主な活動の一つである「技術者認定資格試験」では、調査部門・設計施工部門それぞれにおいて「住宅地盤技士」及び「住宅地盤主任技士」を認定しています。また地盤品質に正しい認識を持つための啓蒙教育活動として「地盤セミナー」を全国各地で実施しています。

試験・seminar情報

2017.01.20
技術講習会のご案内です。2013年から開催されている地盤品質セミナーが2/18(土)に開催されます。詳細は地盤品質判定士協議会HPをご覧下さい。 また、「住宅を対象とした液状化調査・対策の手引書」を解説する技術講習会も1/27(金)の名古屋会場を皮切りに全国6ヶ所で開催されます。詳細は地盤通信269開催案内をご覧下さい。
2016.12.26
8月に発行された「住宅を対象とした液状化調査・対策の手引書」を解説する「地震に備える住宅地盤セミナー」を2017年1月~3月にかけて全国6ヶ所で開催します。その他に、東日本大震災や熊本地震での事例を基に、住宅業界がとるべき法的な備えや、熊本地震の現地調査結果について説明します。詳細は、地盤通信267及び開催案内ニュースリリースをご覧ください。
2016.12.05
2016年度住宅地盤セミナーを2017年2月に開催します。インターネットに接続されたPCで受講できる「eラーニング」を並行開催します。詳細は、住宅地盤セミナーページ及び地盤通信266をご覧ください。

一覧を見る >>

冊子・書籍紹介
冊子・書籍紹介

住品協図書館では住宅地盤に関する技術書や書籍等を紹介しています。推薦図書は地盤業務に必須の基準書類の紹介、住品協だよりは年2回発行の協会誌バックナンバーです。また住品協発行の冊子や関係書籍の購入申し込みが出来ます。
住宅地盤の知識と技術
住宅地盤の基礎知識
ここでは住品協技術委員会や会員企業技術者等から提供を受けた住宅地盤の知識・技術情報を掲載します。住宅地盤の判定に明確な法令や基準が無い中で、この情報が地盤事故防止につながって行くことを願っております。
Top