認定資格更新案内

認定資格を更新するためには

住宅地盤技術者認定資格(主任技士・技士)は有効期限が4年間となっています。認定資格者は知識レベルを継続して保持するために技術講習会を受講することが義務付けられています。
現在は住宅地盤セミナーが指定の技術講習会となっています。
有効期限内に1度受講することで有効期限が4年間延長されます。
業務都合などによる未受講を避けるために有効期限内のどの年の受講でも有効です。
登録証は有効期限年度に更新(作成)しますので先行して受講された方は、有効期限年度に申請書を提出する必要があります。

※住宅地盤セミナー(更新セミナー)の開催時期変更(毎年2月)に伴い、有効期限を12月末から翌年3月末に延長しました。
発行済みの登録証は読み替えで対応願います。更新された方から随時3月末期限の登録証となります。

※本制度は、住宅地盤実務者登録者には適用されません。3年間の有効期限が終了すると失効となります。是非、上位資格である住宅地盤技士・主任技士にチャレンジして下さい。

 

2016年度 住宅地盤技士・主任技士登録更新案内

お持ちの登録証の有効期限が2016年12月末(2017年3月末も含む)の方(登録番号が16,20,24等で始まる方)は登録更新手続きが必要です。
所属される会社もしくはご自宅に登録更新のご案内を送付しますので手続きを必ず行ってください。
お忘れになりますと資格を喪失することになってしまいますのでご注意ください。

有効期限内に所定の講習会(現在は住宅地盤セミナー)を未受講の方は講習会受講が必要ですので下記の住宅地盤セミナーページをご覧になり受講申込手続きを行ってください。

 有効期限内に所定の講習会を未受講の方 ⇒ 住宅地盤セミナーご案内ページへ(内部リンク)

また、書類がお手元に届いていない場合は申請書をダウンロードしていただき必要事項を記入、写真貼付の上、事務局へ送付願います。
なお、セミナー開始時期の変更に伴い有効期限が3ヶ月延長されます。新しい有効期限は3月末となります。

(注意1) 本人確認用書類として携帯型登録証のコピーが必要です。
※紛失されている場合は、顔写真入り証明書類でも可
(注意2) 有効期限内に所定の講習会(現在は住宅地盤セミナー)を未受講の方は受講が必要です。
(注意3) 2016年度技術者認定資格試験の合格者は申請不要です。1月下旬に発送予定です。

 申請期間:2016年12月5日(月)~2017年1月31日(火)

住宅地盤技士・主任技士登録更新のご案内
登録更新申請書

送付いたしましたご案内にわかりづらい部分がありましたのでお問い合わせの多い件について以下に示します。

2016年度合格者について

2016年度の技術者認定資格試験の合格者は申請の必要はありません。
合格発表(12月初旬予定)を確認の上、申請願います。

登録更新申請の送付先

〒113-0034
東京都文京区湯島4-6-12 湯島ハイタウン B-222
NPO 住宅地盤品質協会 事務局
TEL:03-3830-9823 FAX:03-3830-9852
※申請書のご住所には必ず建物名、部屋番号までご記入ください。

 

 携帯型認定証が新デザインとなります

一昨年度から新デザインの認定証となりました。
クレジットカードサイズのプラスチックカードとなり1枚に集約され携帯性が増します。
本年の更新でない方の認定証は更新タイミングで随時、切り替えていきます。

住宅地盤技士
住宅地盤技士
住宅地盤主任技士
住宅地盤主任技士

 

 

 

 

 

 

※1部門でも主任技士の場合は帯がグリーンとなります。
※紛失・破損などによる再発行については実費1,000円を請求させていただきます。
住宅地盤技術者認定資格 登録証再発行申請書

Top